デルタ航空ニッポン500マイルキャンペーン ~ 国内線に乗ったらマイルの申請を忘れずに!

旅の豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニッポン500マイルキャンペーンとは

デルタ航空では2020年3月31日までニッポン500マイルキャンペーンというのをやっています。日本の国内線定期路線の搭乗券があればマイルの加算申請を行うことができます。

日本の国内線であれば、ANAでもJALでもpeachなどのLCCでも良いです。搭乗券さえあれば、運賃・座席クラス・路線にかかわらず、1フライトで500マイルをもらえます。また、特典航空券でもマイル加算の対象になります。

期間限定(2019年4月1日〜2020年3月31日)となっていますが、昨年、一昨年もやっていました。

マイルを加算するには

スカイマイルのアカウントが必要

マイルを加算するにはデルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」の口座を開設する必要があります。「スカイマイル」は獲得マイルの有効期限がないのが特長です。デルタ航空のほかエールフランス、KLMオランダ、アリタリア、大韓航空、チャイナエアライン、ガルーダインドネシア、ベトナム航空などのスカイチーム加盟の航空会社でマイルを貯めることができます。

一般会員は最大10フライト分(合計5,000マイル)、メダリオン会員は最大40フライト分(合計20,000マイル分)を獲得することができます。

加算方法

ニッポン500マイルキャンペーンのマイル加算申請には搭乗券が必要になります。iPhoneのウォレットに搭乗券を入れている場合は紙の搭乗券がないので「ご搭乗案内」で代用できます。

マイルの加算申請はボーナスマイル加算申請フォームをプリントアウトして必要事項を記入して搭乗券と共にメールに添付して送信します。

※詳しくは下記参照

キャンペーン参加方法

ニッポン500マイルキャンペーン・ボーナスマイル加算申請フォームをプリントアウトし必要事項をご記入の上、搭乗券とともに添付(JPG、PNG、もしくはPDF形式:最大2MB)にてJapan500@delta.comへEメールでお送りください。

ご旅行が終わってから 2ヵ月以内に送付してください。

*チェックイン時、もしくは搭乗ゲートにて、搭乗券・搭乗半券が発行される場合は、搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されていても「ご利用案内書」、「引換証ご利用案内書」、「搭乗案内書」、「搭乗証明書」などは、ボーナスマイルの加算対象外となります。その場合は、必ず搭乗券・搭乗半券を添付してください。搭乗券を発行しないタイプのチェックインの場合は、チェックイン時に各航空会社から発行されるもの(搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されている「お客様控え」など)でも代用が可能です。

引用元:デルタ航空スカイマイルキャンペーン

SFC修行・JGCでデルタ航空のマイルを獲得

SFC修行やJGC修行などで飛行機に多く乗る方は、国内線を利用した時には搭乗券(紙の搭乗券がない場合は搭乗案内でも加算してもらえます。)をデルタ航空に送ってマイルを加算するのがオススメです。

私がSFC修行を開始したのが2018年1月。修行開始時にやっていたニッポン500マイルキャンペーンは一旦 2018年3月31日で終了しましたが、4月からも継続してキャンペーンが始まったので 3月までに4,500マイル、4月以降に5,000マイル、デルタ航空やスカイチームの航空会社にお金を一切払っていないにもかかわらず 修行が終わった時点で、合計9,500マイルを獲得しました。

貯めたマイルの使い道

デルタ航空に一切乗らずに9,500マイルを貯めましたが、このマイルが意外と使いにくいかもしれないです。日本国内ではスカイマークの国内線に往復15,000~20,000マイルで特典航空券に交換できます。国際線であれば、スカイチームのコリアンエアー(大韓航空)で片道7,500マイルで韓国に行くことはできます。つまり私がSFC修行の際に申請したニッポン500マイルキャンペーンで獲得したマイルで片道だけですが、韓国に行くことができます。韓国に行くことがあれば片道分は特典航空券で行けるので、お得かなと思います。デルタ航空やスカイチームの航空会社を利用すれば、もっとマイルを貯めることができますが、今のところ利用する予定はありません。スカイマイルには有効期限がないので、これからもニッポン500マイルキャンペーンが継続される限り、自分が行きたい場所に必要なマイルが貯まるまで コツコツと貯めて行くのもアリかと思います。

旅の豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よしをフォローする
スポンサーリンク
Yoshi tabi ~旅と食の雑記帖~

コメント