台風・遅延・欠航時にやるべきこと(ANAの場合)

STARWARS JET旅の豆知識
スポンサーリンク

2018年はSFC修行を行ったため、10月までの間で34回飛行機に乗りました。

これだけ飛行機に乗っていると、台風など悪天候による影響や機材到着遅れなどによる遅延など様々なことが起こります。2018年は台風が多く発生したため、特に6月~9月の台風シーズンは修行の度に台風で飛行機が欠航しないかヒヤヒヤすることが多かったです。

スポンサーリンク

ケース① 台風6号沖縄接近による振替

那覇空港

予約の内容

2018年6月15日 ANA3725便(ソラシドエアとのコードシェア便) 神戸 13:40発 那覇行き

2018年6月16日 ANA3730便(ソラシドエアとのコードシェア便) 那覇 19:35発 神戸行き

台風の状況

台風6号は6月15日の時点では、まだ台湾付近にありコースを東にとり、16日には沖縄本島直撃という予想でした。

行きのANA 3725便は問題なく飛びましたが、那覇到着時にはすでに激しい雨が降っていました。

無事ホテルに到着して部屋でくつろいでいるとANAからメールが。

ANAからのメール

イヤな予感はしましたが。メールを開けてみると、6月16日那覇を発着する便に台風6号の影響があるかも...実際の運行状況にかかわらず搭乗予定便の振替か払い戻しをするという内容です。

私が購入したチケットは旅割28という運賃で、購入後の予約の変更はできません。

また、旅割28はお得な運賃ですが、キャンセルする場合は払戻手数料が一区間につき430円、取消手数料が運賃の30%~60%かかるというチケットです。

旅割のチケットの場合、運行への影響が懸念される便に該当する場合は1回のみ変更ができるようになります。

変更は電話でもできますが、こういった場合はなかなか繋がらないのでアプリANA SKY WEBから手続きを行った方が早いです。

台風情報を確認してみると、この時点では16日の夜には那覇付近に来る可能性があったので、

14:25発のANA3726便(ソラシドエアとのコードシェア便)に変更することにしました。

那覇を出発

私たちが乗ったANA3726便は定刻通り那覇を出発。無事に帰ることができました。

ところが 台風は那覇から大きく外れたコースを進み、当初乗る予定だった19:35発のANA3730便も運行されたようです。

 

ケース② 台風7号による欠航

予約の内容

2018年7月3日  ANA541便 伊丹 7:20発 鹿児島行き

2018年7月3日  ANA3783便(ソラシドエアとのコードシェア便) 鹿児島 9:55発 那覇行き

2018年7月3日  ANA1694便  那覇 13:20発 札幌(新千歳)行き

ANA541便が欠航に

伊丹空港

この日は8回目のSFC修行国内線最長路線那覇ー札幌線に乗ってみたかったので、予約を入れていました。那覇まではユナイテッド航空のマイルが貯まっていたので、マイルを利用して行くことにしました。マイルで予約する際に大阪から那覇までの直行便に予約枠がなかったので、鹿児島経由で那覇まで行くことになりました。

7月3日の朝、台風7号は 沖縄をすでに通過していて、九州の西側を進んでいるようだったので何とか行けるかなと思いながら伊丹空港まで行きました。

到着後チェックインカウンターに向かうと案内板のANA541便のところが欠航になっていました。

とにかく13:20発のANA1694便に間に合うように那覇に行かなくてはチケットが無駄になってしまいます。そこでカウンターに行き、当初乗る予定の便が欠航になったので8:15発の763便に振り替えてもらえないか聞いてみたところ、空席もあったので変更してもらえることになりました。

たまたま空席があったのがラッキーでした。しかも那覇まで直行で行けるということで結果オーライです。

ANAで予約をすると台風などで運行に影響があると懸念される場合は メールで案内がきますが、今回はユナイテッド航空を通じてANA便の予約をしていたので案内はきませんでした

ANA SKY WEBやアプリをチェックしていれば541便の欠航は空港到着前に知ることができたと思いますが、この日は早朝からW杯の日本対ベルギー戦に夢中になっていたので、運行状況のチェックを怠っていました。

どうなることかと思いましたが、無事に那覇まで行くことができて、国内線最長フライトも楽しむことができました。

ケース③ 旅行中に帰りの便が欠航に

予約の内容

2018年9月4日 NH94便 関西 7:00発 羽田行き

2018年9月4日 NH841便 羽田 11:05発 シンガポール行き

2018年9月6日 NH844便    シンガポール 22:15発 羽田行き

2018年9月7日 NH3821便(スターフライヤーとのコードシェア便)9:00発 関西行き

NH3821便が欠航に

2018年9月4日に大阪を直撃した台風21号は関空にも甚大な被害をもたらしました。

9月4日、私は台風が関西に来る直前に関空から羽田経由でシンガポールに行きました。

羽田からシンガポールに向かう機内でNHKニュースがライブで見れたので、機内で関空の滑走路が冠水したことや連絡橋にタンカーが衝突したことを知って、あまりの被害の大きさに驚いたのと、これは帰りは関空に帰れないかもしれないな、自宅や関空の駐車場に置いている車は大丈夫なのか…など色々と心配しました。でも、色々考えても なるようにしかならないので気持ちを切り替えてシンガポールを楽しむことにしました。

とは言え、帰りのこともあるので関空の状況は時々チェックしていました。

シンガポール出発前日(9月5日)深夜、関空再開の目処がたっていなかったので、ANAブロンズサービスデスクに電話をしました。(この時点でブロンズ会員になっていたので、一般の問い合わせ番号よりもブロンズデスクに電話をした方が、もしかしたら一般会員や会員でない人たちよりも 空席待ちを優先してもらえるかな という期待もあってブロンズサービスデスクに問い合わせをしました。)ちなみに国際線の問い合わせは24時間対応してもらえます。シンガポールにも問い合わせ先の電話番号があるのですが、深夜はアメリカに転送されるみたいです)

欠航時のメール

ブロンズサービスデスクの対応

NH3821便が関空閉鎖により欠航になったので、伊丹行きの便に振替をしてもらえるとのことですが、この電話をしている時点では、9月7日の伊丹行きの便が全て満席になっているとのことでした。9:00発、10:00発、11:00発の便にキャンセル待ちを入れましょうか?と ご提案いただいたので、お願いしました。

最悪、空席が出ずに飛行機に乗れなかった場合は新幹線で大阪に帰れば良いのですが、その際は羽田ー関西分のチケット代が返金になるとのことです。しかし国際線乗り継ぎの場合、国内線部分のチケットは、とてつもなく安いので返金額は1000円程度になるとのことでした。

そして、電話を切った10分後くらいにこんなメールが。ANAからのメール

あまりの早さにびっくりしましたが、無事9:00発の伊丹行きに変更してもらえることができました。こんなにも早く席を確保できたのが、たまたまのタイミングだったのか、何人かの一般会員、非会員よりも優先されて確保されたのかはわかりませんが、いずれにしても欠航がわかった時点で早めに問い合わせをするべきだな と思いました。

その後

関空連絡橋

写真は9月8日に関空の駐車場に車を取りに行った際に撮影したものです。(関空の駐車場は無料になりました。)このあたりの反対側車線がタンカーが衝突した場所です。大阪は台風21号の直撃を受けましたが、幸い車も自宅も無事でした。

ケース④ 関空閉鎖による振替、さらに台風24号接近による振替

予約の内容

2018年9月27日 ANA1735便 関西 10:15発 那覇行き

2018年9月27日 ANA770便 那覇 17:05発 伊丹行き

この予約内容でSFC修行を計画していました。

台風21号の影響 ~ 9月30日までの関空発の便が振替・払戻の対象に

台風21号の影響で関西空港第1ターミナルの全面再開がまだ発表されていない頃、9月30日までに関空を発着する便は振替・払い戻しの対象になるという案内がANAのホームページ等で発表されました。

元々の計画は那覇でランチを食べて帰って来ようと思っていましたが、一番の目的は「プレミアムポイント を獲得すること」と割り切って、ランチは諦めて以下のように振替ました。

2018年9月27日 ANA便 伊丹 14:00発 那覇行き 

2018年9月27日 ANA770便 那覇 17:05発 伊丹行き

帰りの便はそのままで、行きを伊丹発に変更しました。

ところが…

台風24号の接近に伴い、行きも帰りも振替・払い戻し対象に

出発の前日に台風24号の接近に伴って、行きも帰りも振替・払い戻しの対象になってしまいました。しかし、台風の進路予想を見る限りでは台風が那覇に接近するまでは、あと2日ほどかかりそうな感じでした。

これはラッキーだなと思いました。

行きの14:00発の便を8:15発のANA763便に変更すれば、当初の予定通り 那覇でランチを食べることができます!さっそくANA SKY WEBから手続きを行いました。

その結果、このようなスケジュールに。

2018年9月27日 ANA763便 伊丹 8:15発 那覇行き

2018年9月27日 ANA770便 那覇 17:05発 伊丹行き

これで、当初の目的でもあるランチに行くことができました。

台風接近中

帰りの便が台風の影響で欠航しないか若干の心配もありましたが、無事に大阪に帰ることができました。しかし、台風接近中のため分厚い雲が空を覆い尽くしていました。

 

ケース⑤ 予約した便に遅延が発生!乗り継ぎ便に間に合わない

2017年12月にユナイテッド航空特典航空券を利用してバンコクー北京ー羽田ー伊丹というルートで航空券を予約しました。ところが、北京ー羽田のフライトで遅延が発生。乗り継ぎ便に間に合わないという事態になりました。

予約の内容

2017年12月1日 TG674便 バンコク23:59発 北京行き(UA特典航空券)

2017年12月2日 NH964便 北京 8:25発 羽田行き(UA特典航空券)

2017年12月2日 NH27便 羽田 14:00発 伊丹行き(UA特典航空券)

遅延のため乗り継ぎに間に合わない

バンコク出発前にANAからNH964便の出発時間が1時間10分遅れるというメールがありました。そのメールには羽田の到着時間が13:50分とありましたが、伊丹行きのN27便の出発時間は14時。どう考えても10分じゃ乗り継ぎは不可能!

メールが届いた時間は22時、ANAのサイトを調べたらバンコクのコールセンターはこの時間でもやっていたので問い合わせたところ、ユナイテッド航空で予約した特典航空券なのでANAでは予約の変更はできませんと言われました。この時間ならアメリカのユナイテッド航空のコールセンターはやっているので問い合わせてくださいとの事。ユナイテッド航空に事情を説明して伊丹行きの予約を変更してもらおうとしましたが、この日の伊丹行きは全て満席だそうで、羽田発16:50の関空行きのANA3827便(スターフライヤーとのコードシェア便)に変更してもらいました。バタバタしましたが、北京や羽田に着いてから慌てるよりも早めにメールで連絡もらえたので、対処できてよかったです。

まとめ

天候等が原因で欠航しそうな時、欠航してしまった時、遅延が原因で乗り継ぎ便に間に合わない時にどうすれば良いのかを 私の経験を元にまとめました。

① ANAからのメールは必ず確認

天候条件等で振替や払い戻しの対象である時は、アプリANA SKY WEB、または電話で早めに手続きを。

② 運行状況の確認

アプリANA SKY WEBで運行状況を確認する。

早く情報を手に入れられれば、早めに行動することができます。

③ スターアライアンス加盟の他社で特典航空券を予約した時は要注意!

ANAのアプリANA SKY WEBで振替等の手続きはできません

また、ANAに電話しても手続きできません。

特典航空券の予約をした航空会社に連絡して振替の手続きを行ってもらう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログへ

旅の豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よしをフォローする
スポンサーリンク
Yoshi tabi ~旅と食の雑記帖~

コメント