【SFC修行 6回目】中国国際航空(エアチャイナ )シンガポール ー 北京 CA970便 ビジネスクラス ・ 北京ー関西CA927便 ビジネスクラス 搭乗記

エアチャイナ B787SFC修行
スポンサーリンク

2018年5月10日

スポンサーリンク

エアチャイナ 深夜便で北京へ

2日間でしたがシンガポールでは食事と観光を楽しむことができました。

帰りも中国国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラス利用して北京経由で関空に戻ります。

私たちが乗るのは23:25発のCA970便。機材はB787-9です。行きのA330-300よりも新しい機材なので、どう違うのか楽しみです。

チャンギ国際空港 エアチャイナのカウンター

チャンギ エアチャイナ カウンターチャンギ 国際空港のエアチャイナ のカウンターの様子です。まだ出発時間4時間前くらいなので誰もいません。

今回はビジネスクラス利用なので、ここはスルーしてSATSプレミアチェックインラウンジという所でチェックインします。

SATSプレミアチェックインラウンジ

SATSプレミアムチェックインラウンジ

ファーストクラス、ビジネスクラスの利用者はSATSプレミアムチェックインラウンジを利用できます。チャンギ では航空会社のカウンターは出発時刻の3時間くらい前にオープンするようですが、こちらは航空会社のカウンターがオープンしていない時間帯でも利用できます。

ここでは、このような椅子に座ってチェックイン手続きをします。

またラウンジ内には飲み物も用意されていました。

そしてチェックインが完了したら、このラウンジから出国審査場に直接行くことができます。

シルバークリスラウンジ

シルバークリスラウンジ

エアチャイナはターミナル1から発着します。ビジネスクラス利用者はターミナル1のSATSプレミアラウンジを案内されますが、ターミナル2のシンガポール航空のシルバークリスラウンジも利用出来るとのことなので、行ってみました。

落ち着いた雰囲気のラウンジで食事、飲み物も充実しています。こちらのラウンジはシャワーもあるので、深夜便の出発前に汗を洗い流すことができます。

シルバークリスラウンジ

夕食を食べたところですが、せっかくなのでビールをいただきます。

シルバークリスラウンジ食事も少しだけ食べてみましたが美味しいです!

SATSプレミアラウンジ

SATS PREMIER LOUNGEターミナル1まで戻りましたが、まだ出発まで時間があるのでSATSプレミアラウンジにも行ってみました。

こちらのラウンジも食事がなかなか充実していましたが、お腹いっぱいなので食事はパスしてシャワーに入りました。

CA970便 シンガポール ー 北京

 CA970便で北京へと出発します。遅延を心配していましたが、定刻通りに出発するようです。

エアチャイナ は遅延が多いという口コミを多く見ていたので心配になりましたが、ここまでの3レグは全て定刻通りで良かったです。

エアチャイナ B787-9 ビジネスクラス

エアチャイナ B787ビジネスクラス北京までの機材はB787-9。行きのA330-330と違って新しい機材です。座席も今どきのビジネスクラスといった感じです。シートはフルフラットになります。

エアチャイナ ビジネスクラスウエルカムドリンクですが 私はシャンパンを妻は野菜ジュースみたいな謎のドリンクをいただきました。妻によると謎の赤いドリンクはなかなか美味しかったそうです。

エアチャイナ の安全ビデオ

このパンダを見るのもこれで3回目。

このパンダがだんだんと可愛く思えてきました。

CA970便 機内食

深夜便ですが軽食が出るようです。

私も妻も海老のヌードルを選びました。

エアチャイナ ビジネスクラス軽食ヌードルは大きな海老が3つ。意外と美味しかったです。

食後は座席をフルフラットにして眠りにつきましました。

北京首都国際空港到着

北京首都国際空港北京到着は午前5時すぎ。定刻より少し早めに着きましたが沖止めです。

関西行きは8:40発なので、まだ時間に余裕があります。

北京首都国際空港このバスでターミナルへと向かいますが、とにかく広い空港なのでターミナルまで10分少々かかります。

国際線乗り継ぎ

国際線乗り継ぎ客で混雑していて、保安検査場を抜けるまで時間がかかることを心配していましたが、行きと同じく それほど混んでいなかったので、20分くらいで制限エリア内に入ることができました。

【中国国際航空 】北京首都国際空港乗り継ぎ ~ 乗り継ぎにはどれくらいの時間が必要?
2018年5月8日 知らないと何かと不安な中国の空港での乗り継ぎ。ここでは北京首都国際空港空港での乗り継ぎについてご紹介します。 北京首都国際空港 国際線乗り継ぎの流れ 私たちが乗ったCA928便はほぼ定刻通りに北京首都国...

エアチャイナ ファーストクラスラウンジ 

エアチャイナ ファーストクラスラウンジ

8:40 関西行き927便の出発時刻までは、行きと同じくエアチャイナ ファーストクラスラウンジ で過ごします。朝食の時間帯だったので、軽く食事もいただきました。

【SFC修行 6回目】中国国際航空(エアチャイナ )北京ーシンガポール CA975便 ビジネスクラス 搭乗記 ~ 深夜便でシンガポールへ
2018年5月9日 SFC修行6回目、中国国際航空(エアチャイナ )のビジネスクラスで関西ー北京ーシンガポールのルートを往復します。 深夜便でシンガポールへ 関西から北京に到着して、エアチャイナのファーストクラスラウンジで...

 

CA927便 北京ー関西

北京首都国際空港

8:40発のCA927便で関空へと帰ります。エアチャイナ は遅延が多いとの口コミが多かったですが、幸いなことに4レグ全て定刻通りでした。

エアチャイナ A330-300関西行きのCA927便の機材はA330-300。この旅で3回目の機材です。

ちょっと古い感じですが、足元がかなり広いのが良いです。

関空から自宅までは車で帰るのでウエルカムドリンクはオレンジジュースにしました。

CA927便 機内食

エアチャイナ 機内食朝食はチャイニーズを選択。おかゆと餃子と肉まんなど。
写真右端の三角の物体は寒天のようなブヨブヨした感じで初めて食べる味。

エアチャイナ ザーサイおかゆにこのザーサイを入れると、なかなか美味しい味になりました。

関空到着

関西空港関空到着はほぼ定刻通り。

無事にエアチャイナ ビジネスクラスでのSFC修行が終わりました。

まとめ

中国国際航空(エアチャイナ )についてはネガティブな口コミも多いですが、実際に利用してみたら、機内サービスやラウンジなどは期待以上でした。航空券の価格を考えれば、かなりコスパの良い航空会社だと言えます。

心配していた遅延もなく、無事に関西ー北京ーシンガポールを往復できて良かったです。

しかし、北京首都国際空港の国際線乗り継ぎについては、乗り継ぎ客の数に対して設備も係員も不足しているので、やはり乗り継ぎの時間は余裕を持ったほうが良さそうです。

(今回は行きも帰りも20分くらいで乗り継ぎ時のパスポートチェックと保安検査を通り抜けることができましたが、2017年12月に北京首都国際空港を乗り継ぎで利用した時は、1時間以上かかりました。)

エアチャイナ のビジネスクラスはコスパが良いので、またいつか利用することがあると思います。

 

今回の獲得PP

シンガポールー北京    エアチャイナ  ビジネスクラス(R)  3888PP
北京ー関西          エアチャイナ  ビジネスクラス(R)  1765PP
5/11までの合計 27649PP

 

SFC修行 エアチャイナ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よしをフォローする
スポンサーリンク
Yoshi tabi ~旅と食の雑記帖~

コメント