台湾で eSIMを使う! GigSky と 3香港(3HK)どっちがお得⁉︎

台北

2019年第一弾の海外旅行として台湾に行きました。今回は iPhone XSが eSIM に対応しているので、GigSkyのeSIMと3香港(3HK)のeSIMを使ってみることにしました。eSIM はiPhone XSのほかに XS Max、XR でも使えます。※ eSIMが使えるのは、SIMフリー版かSIMロック解除したiPhone XS、XS Max、XRに限ります。

eSIMとは

eSIMとは本体埋込み型のSIMカードで、対応している携帯会社と契約することで、ユーザー自身が携帯電話の情報を書き換えることができます。海外旅行に行くときにeSIMの契約を済ませておけば、現地に行ってSIMカードを入れ替えをしなくても、すぐに使えて便利です。

台湾で 3香港(3HK)の eSIM を使ってみました
昨年(2018年)10月にiPhone XSを購入してから3ヶ月...年が変わって、2019年第一弾の海外旅行として台湾に行くことにしました。今まで通りに現地か出発前に国内でSIMカードを購入して、キャリアのSIMカードと入れ替えて使うこと...

GigSkyを利用するには

GigSkyの契約をするには、まずはApp Store でGigSkyのアプリをインストールする必要があります。

アプリを起動すると次のような画面が表示されるので次へと進みます。

「続ける」と通知の許可と位置情報の使用の許可を聞いてくるので、どちらも許可します。

次は使用する国を選択します。

 

使用する国を台湾に変えてみましたが、日本も台湾もAsia Pacific エリアになるようです。ここで15日プランの500MB(1800円)を選びました。ここで注意しないといけなかったのが、データ容量は1日当たりではなくて、期間中を通しての容量であること。3香港(3HK)が1日500Mで約2000円だったので、勝手にGigSkyも1日あたり500MB使えるものと思い込んでいました。実際は15日の期間中に500MBまで使えるという意味です。

ちなみにAsia Pacificエリアは、アゼルバイジャン、アルメニア、インド、オーストラリア、グアム島、クリスマス島、シンガポール、スリランカ、タイ、トルコ、ニュージーランド、バングラデシュ、パキスタン、ベトナム、マカオ、マレーシア、中国、台湾、日本、韓国、香港 です。GigSkyは3香港(3HK)よりも使える国の数が多いですね。

 

次の画面でアカウントを作成します。

 

アカウントを作成したら、モバイル通信プランの設定を行います。ここでは音声通話とモバイルデータ通信にどちらのSIMを主回線として使うのか設定しますが、日本国内にいる時に、GigSkyをモバイルデータ通信の主回線にしてローミングをオンにすると、ローミングが開始されてしまうので注意してください。日本国内でGigSkyのデータローミングを使う必要がなければ、主回線は現在使っているキャリアのままにしておいて、現地に着いてから設定を変更した方が良いと思います。

日本国内で使う場合

iPhoneの 設定>モバイル通信プラン でGigSkyの回線をオン→ 主回線をeSIMに設定 → データローミングをオンにすると日本国内でも利用することができます。

設定が完了するとiPhoneの画面に2社の名前が表示されます。

興味本位で日本国内でGIgSkyのデータローミングをオンにしてみましたが、私はソフトバンクでウルトラギガモンスターのプランを利用しているので、国内でGigSkyを使うメリットはないと思います。

台湾での設定

台湾での利用方法も日本国内と同じです。

台湾到着後、iPhoneの 設定>モバイル通信プラン でGigSkyの回線をオン→ 主回線をGigSkyに設定 → データローミングをオン にすればオッケーです。

台湾で使ってみた感想

台湾ではインスタやツイッターに画像をアップしたり、Googleマップで経路案内を利用したり、食事や観光に行く際の検索に利用しましたが、約1日半で500Mまで達してしまい、使うことができなくなりました。GigSkyを使い続けるためには、再度プランを購入しなくてはなりません。1日半で1800円って考えると割高にも感じます。ちなみに3香港は1日の通信量の上限(500MB)に達すると、速度に制限がかかりますが、使うことはできます。

3香港(3HK)のeSIM を利用するには

3香港(3HK)のeSIMの使い方については、こちらの記事をご参照ください。

台湾で 3香港(3HK)の eSIM を使ってみました
昨年(2018年)10月にiPhone XSを購入してから3ヶ月...年が変わって、2019年第一弾の海外旅行として台湾に行くことにしました。今まで通りに現地か出発前に国内でSIMカードを購入して、キャリアのSIMカードと入れ替えて使うこと...

台湾では GigSky と 3香港(3HK)どちらがお得?

GigSkyの良いところ

GigSkyはアプリをダウンロードすれば、アプリ上でアカウントを取得して、プランを選んで契約することができるので、手続きが簡単です。そして使える国が、なんと190カ国以上もあります!

一方、3香港(3HK)はアプリではなく電話番号やメールアドレスを入力して、届いたメールに添付されているQRコードを読み込んで、ワンタイムパスワードを入れて…とGigSkyよりも 手続きするのに手間がかかります。また使える国はアジアを中心に20カ国です。

3香港と比べてどちらがお得?

台湾だけ行くのであれば、3香港(HK)の138香港ドル(約2000円)で、4G の通信速度で1日あたり500MBの通信量で10日間利用できるプランの方が使えます。

ただ、全旅行期間中に500MBあれば十分っていう方であればGigSkyの方が手続きも簡単で200円ほど安く済みます。

また…例えば台湾経由でヨーロッパやアメリカに行くような場合はGigSkyの方が使える国が多いので便利かもしれないです。

使い方や行き先に合わせてeSIMを上手く利用したいものですね。

3香港(3HK) eSIM チャージのしかた と eSIMの有効期限・残日数の確認のしかた
はじめに 2018年にiPhoneXsを購入後、台湾へ行った際に初めて3香港(3HK)のeSIMを使ってみました。 3香港(3HK)のeSIM プランは138香港ドル(約2000円)で、4G の通信速度で1日あたり500MBの通信量...

コメント