【台北・桃園国際空港 第1ターミナル】プラザプレミアムラウンジ ~ プライオリティパスで入れるラウンジ

台北
スポンサーリンク

2019年12月、台中を訪れた際に大阪(関西)ー台北(桃園)はPeachを利用しました。空港には余裕を持って来ていたので、プライオリティパスで入れる桃園国際空港第1ターミナルのプラザプレミアムラウンジに入ってみました。

プライオリティパスは楽天プレミアムカードを通じて申し込んだものを利用しました。

桃園国際空港第1ターミナルにプラザプレミアムラウンジ2つあります。2つのラウンジは距離的にも近く同じ通路にありますが、食事や座席は変わらないと思います。2つのラウンジの違いは営業時間とシャワーの有無です。ラウンジを見て左側にあるラウンジは24時間営業なのに対して、右側のラウンジは6:00〜22:00まで、また左側のラウンジはシャワーを利用出来ますが右側のラウンジはできません。

スポンサーリンク

第1ターミナルのプラザプレミアムラウンジの場所

桃園国際空港第1ターミナル

出国審査を通って制限エリア内に入ったら、エスカレーターで ひとつ上の階(4階)に上がると、航空会社のラウンジとプラザプレミアムラウンジがあります。

プラザプレミアムラウンジ

プラザプレミアムラウンジは同じフロアに2つあります。上の写真のラウンジは6:00~22:00までで、シャワーがない方のラウンジです。もうひとつのプラザプレミアムラウンジは24時間営業で、シャワーが使えるラウンジです。

【搭乗記】Peach 深夜便で関西から台北へ ~ MM21便(関西ー台北)利用で朝から台湾を満喫する!
2019年12月、関西からPeachの深夜便を利用して台北(桃園)に行きました。行きは関西2:30発のMM21便、帰りは台北(桃園)22:30発のMM30便です。 Peachは第2ターミナル発着・関空までは車で行くのが便利! 関...

ラウンジ内の様子

座席

プラザプレミアムラウンジ

今回は24時間営業している方のプラザプレミアムラウンジに入りました。ラウンジを入ってすぐのところには1人席が並んでいます。1人席は座席の周りを仕切りで囲まれているのでプライベート感が高いですね。

プラザプレミアムラウンジ

奥の方の座席は広めでゆったりとしています。コンセントもあるのでスマホやタブレットなどの充電に便利です。訪れた時はラウンジ利用者が少なくて、とても静かでした。

ダイニングエリア

プラザプレミアムラウンジ

こちらはダイニングエリア。奥のカウンターのところに食事や飲み物が用意されています。

 

プラザプレミアムラウンジ

ホットミールは ポップコーンチキン、チキンのカレーソース、青菜の炒め物、チャーハンなどが並んでいました。

 

プラザプレミアムラウンジ

こちらはサラダとデザートのコーナーです。左上に並んでいるゴマ団子が美味しかったです。

 

プラザプレミアムラウンジ

牛肉麺を注文して作ってもらいました。牛肉麺の他には鶏肉飯やベジタリアン用のヌードルもありました。

プラザプレミアムラウンジ

飲み物はこちらから。コーヒー、紅茶、ソフトドリンクの他、アルコール系は台湾ビールのサーバーとワインが用意されていました。

感想

プラザプレミアムラウンジ

台北桃園国際空港第1ターミナルのプラザプレミアムラウンジに入るのは今回が初めてですが、ラウンジの設備や食事は思ったよりも充実していて 出発までの時間をゆっくりと過ごすことができました。

PeachなどLCCを利用の場合はプラザプレミアムラウンジから搭乗口まで遠いので、搭乗開始時間には注意が必要です。今回、Peachの搭乗口は第1ターミナルの端っこにあるB1Rゲートだったので、ラウンジからゲートまで歩いて10分くらいかかりました。

今回のラウンジ滞在時間は1時間半ほどでしたが、快適に過ごすことができました。今後も桃園国際空港をLCCで出発する時にはプラザプレミアムラウンジを利用することになると思います。

(関西発・短期旅行者向け)台湾日帰りも可能!ピーチの深夜便を利用して現地滞在時間を最大化する
少ない休みで旅行をする時に少しでも現地滞在時間を長くしたいと思っているので、私にとって フライトの選択は重要な問題だ。現地滞在時間を長く取ろうとすれば、行きは現地に朝到着する便、帰りは現地を夜に出発する便を選ぶことが多くなってくる。今回(2
台北 搭乗記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よしをフォローする
スポンサーリンク
Yoshi tabi ~旅と食の雑記帖~

コメント