【石垣島】日本料理・八重山 ~ ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのレストランでディナー

石垣島

2019年10月、ANAインターコンチネンタル 石垣リゾートに2泊しました。1日目の夕食はホテル内の日本料理レストラン八重山で沖縄料理のコースを食べることにしました。

ホテルに電話してレストランの予約をする

ホテルにはビュッフェレストラン、中華料理レストラン、バーベキューレストランなどがありますが、沖縄に来たのだから沖縄料理と沖縄の魚のお寿司を食べたいと思って、ホテルのサイトで見た沖縄料理・石垣の「石垣しま寿司会席」を事前に予約をすることにしました。

ホテルのサイトによると、沖縄料理を食べることができるのは石垣というレストランになっていたので、石垣を予約するつもりで電話したところ「コースを注文されるのでしたら、石垣はカウンター席だけなので、隣にある八重山でも石垣しま会席を注文できるので、テーブル席の方がゆっくりとお食事できます。」とのこと。そのアドバイスに従って八重山を予約しました。

ANAインターコンチネンタル 石垣リゾート

八重山はオーシャンウイングの1階にあり、鉄板焼の於茂登と沖縄料理の石垣と同じ場所にあります。(入り口も同じです。)

石垣しま寿司会席

石垣しま会席

じーまみ豆腐

石垣しま寿司会席はジーマミー豆腐からスタートします。「ジーマミー」とはピーナッツのことで、ピーナッツで作ったモチモチとした食感の豆腐です。ジーマミー豆腐は甘めのタレはかかっているものもありますが、こちらはあっさりとした甘くないつけダレでした。モチモチとした食感とピーナッツの香りが美味しい一品でした。

 

お造り三種盛り

まぐろ、セーイカ、イラブチャーのお造りです。まぐろ以外の2種は私が住んでいる大阪ではなかなか見かけることがない食材。セーイカは肉厚で甘みがあって美味しいかったです。イラブチャーはシークワサーを絞って醤油につけて食べるのがオススメとのこと。皮がついていますがクセがなく、淡白な味わいにシークワサーの爽やかな酸味がよく合います。イラブチャーのお造りも美味しかったです。

スタッフの方に八重山地方の魚について色々と尋ねてみたら、お魚の説明が書かれた冊子を持ってきてくれました。

 

天麩羅盛り合わせ

伊勢エビ、アグー豚、紅芋、ゴーヤ、島かぼちゃの天ぷらをハイビスカス塩をつけて食べました。伊勢エビやアグー豚の天ぷらって贅沢な感じ!島野菜を使った天ぷらも美味しかったです。

 

石垣牛と島食材の握り9貫

写真手前の前列左から 県産うなぎ(写真きれてますが…)、石垣牛、シャコガイ、真ん中の列は左からイラブチャー、えび、たこ、奥の列は左からアカジン、まぐろ、アカマチ です。

島食材を使った握りはどれも美味しかったですが、私が一番気に入ったのは石垣牛。柔らかくてお肉の美味しさがギュッと詰まった感じの握り寿司でした。刺身でも食べたイラブチャーやアカマチなど、地元の魚の握りも美味しかったです。

 

ANAインターコンチネンタル 石垣リゾート

中身汁

お寿司の後の汁ものは中身汁か八重山そばを選ぶことができます。中身汁とは沖縄の郷土料理で豚モツのお吸い物です。鰹だしのあっさりスープの中に柔らかく煮込まれたモツが入っています。優しい味わいで美味しかったです。

 

ANAインターコンチネンタル 石垣リゾート

八重山そば

こちらは妻が注文した八重山そばです。少し硬めの麺に鰹だしベースのスープが良く合っていてこちらも美味しかったです。

 

ANAインターコンチネンタル 石垣リゾート

デザート(シークワサーのシャーベットと紅いものタルト)

さっぱりした味わいのシークワサーのシャーベットと濃厚な味わいの紅芋タルト、どちらも美味して満足しました。

【石垣島】ANAインターコンチネンタル石垣リゾート宿泊記 ~ コーナールームは明るくて開放感たっぷり!
2019年10月、石垣島のANAインターコンチネンタル石垣リゾートに宿泊しました。10月末の石垣島の最高気温は30度くらい、最低気温は22~24度くらい。天候によっては冷たく感じますが、海やプールで遊ぶことができます。 ホテルの場所 A...

感想など

ホテル内のレストランでとても落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと食事を楽しむことができました。私たちが食べた石垣しま会席(7,500円 消費税・サービス料別)は石垣島ならではの食材を使った料理が多くて、私が住んでいる大阪ではなかなか食べることがない料理を楽しむことができたのも良かったです。スタッフの方も丁寧に対応していただけたので、気持ちよく食事をすることができました。今回はIHGリワーズクラブの会員特典で滞在中のレストラン20%OFFだったので、お得に食事ができたのも良かったです。

コメント