【搭乗記】シルクエアー 772便 (MI 772便)シンガポール ー サムイ  エコノミークラス

A319搭乗記
スポンサーリンク

2019年5月にタイ・サムイ島に行きました。サムイ島までは大阪(関西)からシンガポールまではSQ(シンガポール航空)623便、シンガポールからサムイ まではMI(シルクエアー)772便を利用しました。

スポンサーリンク

SFC(スターアライアンスゴールド)でもラウンジが使えない

シンガポールに到着してSFCで利用できるシンガポール航空のクリスフライヤーゴールドラウンジに入ろうとして搭乗券を見せたら「シルクエアーでは入れません」って言われてしましました。MI772便はシンガポール航空とのコードシェア便でSQ5062便という便名も付いているのですが、それでも使えないとのこと。

サムイまでの航空券をシンガポール航空の公式サイトで購入したので、ラウンジに入れるって勝手に思い込んでいました。シンガポール航空はスターアライアンスの会社ですが、シルクエアーはスターアライアンスには入っていないから使えないのも当然ですね。(2020年以降にシルクエアーはシンガポール航空に吸収合併されるそうです。)

ターミナル2のフードコート

ラウンジは諦めて、小腹も空いたのでフードコートで肉骨茶を食べることにしました。

肉骨茶セット(11. 5SGD 約930円)は空港価格。市内と比べたら高めです。美味しいですが、やっぱり、ソンファバクテーの方が美味しいです。

【シンガポール】松發肉骨茶(ソンファ バクテー)と 東興(Tong Heng) ~ チャイナタウンでバクテーとエッグタルトを楽しむ!
2018年5月9日 松發肉骨茶(ソンファ バクテー)チャイナポイント店 ソンファ・バクテーはシンガポールにあるバクテー専門店の中でも有名なお店で、MRTのクラークキー駅近くにあるNew Bridge Road店が有名ですが、チャイナタウ...

搭乗ゲートにMI 772便の表示がない!

8:10発のMI 772便の搭乗口はF53 です。案内板を見るとMI 772便の出発時間の10分前の8:00にロンボク行きのMI 124便もF53から出発するようです。

F53ゲートに行くとゲートにあるモニターにはMI 124便の表示のみ。サムイ行きのMI 772便の表示がありません。搭乗券には搭乗開始時刻が7:20と表示されていますが、まだ時間に余裕があったので、しばらく待ってみることにしました。

ところが、いつになってもサムイ行きの表示がされないので、ゲート近くの係員に聞いたところ、サムイ行きもロンボク行きもF53ゲートなので、ここで保安検査を受けるように案内されました。(チャンギ国際空港では搭乗口で保安検査を受けます。)

どうやらF53ゲートはバス搭乗用のゲートで、保安検査を受けた後に階段を降りるとバスの待合室になっていました。ここでロンボク行きとサムイ行きに分かれてバスに乗り込み、飛行機へと向かうことになります。

MI 772便 シンガポール ー サムイ

機内の様子

MI 772便は定刻通りチャンギ国際空港を出発。ターミナルの奥に2019年4月にオープンしたジュエルが見えました。

機材はA319、機内はほぼ満席です。日本人などアジア系の乗客は少なく、欧米系の方が多かったです。シートにモニターはありません。

機内食

シンガポールからサムイまでは1時間30ほどですが、機内食が出ます。

機内食は2種類。オムレツかスパイシーヌードルでした。

オムレツです。チキンソーセージとポテトが添えられています。

スパイシーヌードル。麺はビーフンです。美味しかったですが、ちょっと辛めの味付け。

サムイ到着

機内食を片付けてもらってしばらくすると高度を下げ始めました。

A319

サムイ空港にはボーディングブリッジはありません。

飛行機を降りたらこのバスでターミナルへと向かいます。バスを降りたら入国審査場へと進みます。入国審査場は小ぢんまりとしていますが、MI 772便以外に到着している便がなかったので、比較的早く(15分くらい並んだ)入国できました。

ターンテーブルがありますが、全ての荷物が降ろされて並べられていました。

まとめ

いつもなのか今回だけなのかはわかりませんが、チャンギ国際空港のゲートでサムイ行きの行き先表示がないことに一瞬、困惑しました。係員に聞いてロンボク行きと同じゲートだと判明しましたが、チャンギでは搭乗前に保安検査があるので、ゲートには早めに行っておいたほうが良いです。

サムイ空港はオープンエアのリゾート感あふれる空港でした。小さな空港なので人の流れについて行けば、入国審査場~手荷物の受け取りまで 迷うようなことはないと思います。

シンガポール航空はスターアライアンス加盟の航空会社ですが、シルクエアーはスターアライアンスに加盟していないので、SFC(スターアライアンスゴールド)であってもチャンギのクリスフライヤーゴールドラウンジを利用することはできません。(帰りの乗り継ぎ時は、チャンギからシンガポール航空で大阪に帰ったので利用できました。)

しかし、シンガポール航空では乗り継ぎ客を対象としたチャンギ・トランジット・プログラムというキャンペーンをやっていて、チャンギ到着後20SGDのクーポンを受け取ることができます。(ホームページによると2019年9月まで)

このクーポンはチャンギ空港内の店舗で利用できる他に、第2と第3ターミナルにあるアンバサダー・ラウンジの2時間利用券としても使うことができます。私はクーポンを使ってお土産を買いましたが、乗り継ぎ時間をラウンジで過ごすのためにクーポンを利用しても良いと思います。

【搭乗記】シルクエアー 773便(MI 773便)サムイ ー シンガポール エコノミークラス
2019年5月、シンガポール経由でタイ・サムイ島に行きました。航空会社は大阪(関西)ーシンガポールはシンガポール航空、シンガポールーサムイ はシルクエアーです。シルクエアーはシンガポール航空の子会社でシンガポールからの近距離路線が主な路線に...
搭乗記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よしをフォローする
スポンサーリンク
Yoshi tabi ~旅と食の雑記帖~

コメント