【台中】沁園春 ~ 台中で人気の小籠包と言えばこのお店! 台中駅から歩いて行けます!

沁園春 台中

2019年9月に台中を訪れました。今回は台北から台湾新幹線を利用しての日帰りです。台鐵の台中駅に到着したのがお昼頃。お腹も空いていたので、台中駅から歩いて行ける所にある沁園春というお店で小籠包を食べることにしました。

沁園春への行き方

台鐡の台中駅から台灣大道一段を進み、繼光街を超えてしばらく行くと左側にお店があります。台中駅からは徒歩7~8分くらいです。台中で旅行者に大人気のスイーツ店の宮原眼科からは徒歩4~5分くらいのところにあります。

沁園春

こちらが店の入り口です。営業時間は11:00~14:00、17:00~21:00で、月曜日は定休日になります。自動ドアを入ってすぐ左側では小籠包の餡を皮に包んでいます。

メニュー

沁園春

沁園春ではメニューに調理時間と料理に使われる主な食材が記載されています。お値段は台湾で考えると少し高めかな。でも、どの料理の写真も美味しそうなので期待が高まります!

沁園春で食べたもの

沁園春

小籠包(180元)

最初は何もつけずにそのまま食べて見ます。ちょっと大きめサイズの小籠包は食べ応えもあって美味しい!スープもたっぷり入っています。しっかりと味が付いているので何もつけなくても美味しいです。

次は定番の酢醤油とショウガで食べて見ました。そのままでも美味しい小籠包が、酢醤油とショウガで食べることで さらに美味しさがパワーアップします!

今まで 色々な店で小籠包を食べて来ましたが、沁園春の小籠包はレベルが高いと思います。

 

沁園春

菠菜(180元)

中国語を理解しないままメニューを見て注文した野菜炒め。食べて見ると ほうれん草の味がします。食べた後に菠菜とは何のことか調べたら、やっぱりほうれん草でした。美味しかったけど、せっかくなので日本であまり食べることのない野菜にすれば良かったです。

 

沁園春

河蝦仁麺(240元)

エビ入りの麺です。スープはかなり薄味であっさりとしています。たっぷりのエビと一緒に豆苗も入っていて、豆苗のおかげで あっさり感が増しているような気がします。麺は柔らかめです。

感想など

3品しか注文していませんが…メニューには多くの料理が載っていて、何を食べようか迷ってしまいます。でも やっぱり外せないのが小籠包。このお店の小籠包は台北の有名店に負けず劣らず美味しいです。小籠包は少し大きめで食べ応えがあるのも良かったです。

台中の観光スポット有名な飲食店は 台中駅(台鐵)から徒歩圏内に多くあります。沁園春も駅から歩いて行くことができるので、観光の合間の食事にもオススメです。

次回、台中を訪れた時には 再訪してみたいです。

コメント